京都のお茶教室 彩en香

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

フライパンで製茶しよう!4 【釜炒り風京番茶編】

f:id:saienka:20170523211721j:plain

宇治の覆い下茶園で、品種さみどりを枝ごといただいたので、

これの大きな葉だけを釜炒り風京番茶にしました。

京番茶は、覆い下茶園で作った茶葉の古葉(新芽は玉露や抹茶になる)を炒って作ったものです。

なので、この茶葉は、まさに京番茶の原料なのです。

f:id:saienka:20170523211822j:plain

京番茶は、スモーキーフレーバーが特徴なので、

なんとかその香りを出そうと、

蓋をして煙を閉じ込めて、15分ほど炒りました。

(時々火を止めたり、蓋をあけて混ぜたりはしています)

f:id:saienka:20170523212312j:plain

生葉15gが3gになりました。

いい香りです~。

見事にスモーキーフレーバーになりました。

 

まだ飲んでいないので、飲み終わったら追記します。