京都のお茶教室 彩en香

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

フライパンで製茶しよう 【紅茶編②】

持ち帰った茶葉は、今年も紅茶にします。

作り方はこちらをどうぞ。

saienka.hatenablog.com


抹茶品種さえみどりで作る紅茶・・贅沢やわぁ。

普通紅茶は遮光しませんからね。

f:id:saienka:20170523220301j:plain

持ち帰った生葉74gを17時頃から、

一晩風通しのよいところに置いて萎凋させます。

次の日の13時頃から揉みこみ、葉と茎に分けてさらに発酵させます。

前回は茎はそのままにしていたのですが、今回は先に細かく切っておきました。
14時半の時点で計ったら、46gでした。
 

夜21時頃からフライパンで炒りました。

今回は炒りすぎないようにかなり慎重に・・。

細かいのは早いので、先にこしきで振り分けてよけておきました。

大きいのもいい感じになったものから順によけていきました。

火を時々止めたりもしていたので、20分くらいかかりました。

f:id:saienka:20170523220917j:plain


 茶葉の見た目は、家にあるキャンディみたいな感じになりました。
丁寧に炒ったおかげで華やかなよい香りに♫
最終15gになりました。約20%!

 

早速飲んでみると…まるでダージリン!(言い過ぎ?)
はちみつのような甘みと抜けるような爽やかさ、

少しりんごのようなフルーティーさもあって、大成功!