京都のお茶教室 彩en香

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

フードコーディネーター研修「京料理展示大会」

12月14日に、フードコーディネーターの初めての京都研修があり、行ってきました!
まずは、あまから手帳編集顧問の門上武司氏の講演。
京料理とはどういうものか、とてもわかりやすく説明頂きました。

それから、フードコーディネート協会副会長の右田俊幸氏より、展示会のポイントやフードコーディネーターに関するお話がありました。

お昼は、六盛さんの手桶弁当!
豪華です~。

そして展示会場へ。
本当にたくさんの料理の数々・・時間がないので、さーっと写真を撮ってあとから見ることにしました。一番見たかった神社のお供えと公家料理は、入ってすぐのところにありました。
お正月向けの料理がほとんどで、参考にするもちょっと難しいものばかりでした・・。

精進料理や茶懐石もありました。いつか食べてみたいんですけどね・・。
一番びっくりしたのがこの鶏さん。リアルすぎる・・。
五重塔もよくできていました。スープの色合いもいいですね。

京料理だしの取り方教室も少しだけ聞きました。
抽選で当たった人しか座れなくて・・座れないと出汁の試飲もできない。
なので途中で抜けて、ワンコインデザートへ移動。
萬養軒のプリン・ア・ラ・モードにしました。

そしてせっかくなので京舞も見てきました。
上七軒の舞妓さん(名前聞きそびれました。左が梅ひな?)によるもので、
「重ね扇」と「京の四季」。

なかなか充実した一日で、勉強になりました!