京都のお茶教室 彩en香

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

おばんざい

「おばんざい」とは、京都の家庭料理のことで、いわゆるお総菜です。
お番菜と書き、お番茶と同じように、もともと「番」という言葉が一般的、普段のといった意味合いがあります。
京都はなんでも「お」をつけますので、おばんざいというようになりました。


時々食べに行く野村のおばんざいをちょっとまねつつ、いろいろ作ってみました。

ちゃんと昆布とかつおで、一番だしと二番だしもとりました。お味噌汁も煮干しから。



万願寺とうがらしとあげの煮びたし
鶏のねぎ塩
春雨としめじとキュウリの中華風ピリ辛煮
人参と大根のなます
だし巻き卵
玉ねぎの味噌汁

御飯は昨日の残りの栗御飯。


なかなかおいしくできました♪