京都のお茶教室 彩en香

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

お茶の祖神 神農さん

お茶のお話

本日19時半〜
NHKかんさい熱視線で、
大阪の少彦名神社が特集されます。神農さんとも呼ばれて親しまれています。


こちらの祭神は、日本医薬の祖神 少彦名命(すくなひこなのみこと)と、中国医薬の祖神 神農炎帝(しんのうえんてい)が祀られています。

神農炎帝は、野山をかけて野草を口にしては、効能を確かめ、毒にあたったときは、お茶の葉を噛んで、解毒したというエピソードでも知られています。
今の漢方薬の基礎を築いたとされています。

「お茶を服する」という言い方も、もとはお茶が薬とされていたからなんです。




かんさい熱視線
http://www.nhk.or.jp/osaka/program/nessisen/

少彦名神社
http://www.sinnosan.jp/index.html