京都のお茶教室 彩en香

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

英国フェア in 大阪

とはずがたり


英国フェアにいってきました。
めっちゃ楽しかった♪
結局朝10時から、5時間半もいました(笑)

そのうち、ほとんどをリントンズで過ごしてましたww
この馬車は、1907年にニューカッスルで創業されたリントンズが、
当時これで各家庭へ紅茶を届けていたというもの。
リントンズの馬車が、英国以外に輸出されるのは初めてのこと。
これはもう・・必見ですよね。
限定のティーキャディをゲットし、リントンズ代表のサイモンさんのサインと
サイモン&スーご夫妻と写真も撮ってもらいました。

リントンズのティーアイテムもずらり。
この一番上のがほんと欲しい。


チップトリーのマフィンもゲット。
ぐるっとひととおり回って、気になるものあれこれ買っちゃいました。

それから、バグパイプの演奏・・と思ってたら、曜日が違ってた!残念。
せっかくなので「マチコ ジント ロンドン」デザイナー
神戸真知子さんのトークショーを見ました。
これも楽しかった。
3人の女性が、少しずつアレンジで雰囲気が変わるのがおもしろい。
とても参考になりました。


そして、お友達と合流。
リントンズの“How to make Ringtons cup of tea”を受けられるということで、横で聞いていました。
予約制なので見るだけですけど、それでも楽しかったです。
スー夫人が持たれているバスケット(ハンパーという)で、
実際今も、昔と変わらないスタイルで家庭に紅茶を届けているんですって。
素敵~[#IMAGE|S53#][#IMAGE|S53#][#IMAGE|S53#]



そのあと、ザ・ブリッジ・ティールームで、クリームティーとスコーンを頂きました。
やっぱりここのスコーンはおいしい!
ふわっふわです。


スコーンを作られている、グレイス・スチュワートさん。
素敵な笑顔です[#IMAGE|S53#]
ほんと幸せな時間でした~。

こちらが、リントンズの限定「ティータイムキャディ」
チラシで見て、一目ぼれでした。
各日限定100個とあったのに、
webで売切れだったから、不安になって問い合わせたら、
あるということだったので、安心して購入できました。

書いてもらったサイン。
宝物ですね~。


本日、購入した子たち・・[#IMAGE|S16#]
リントンズティーキャディ、東インド会社「Boston tea party」
ティーコジー、ティータオル、walkersのスーツケース缶。
ロンドンバス(貯金箱になっている)、不思議の国のアリスの時計ウサギ。

walkersはめーっちゃ悩みました。
郵便ポストも、ロンドンバスも、タクシーもかわいい。
シャロット王女の誕生記念の缶も素敵でした。
そういった限定缶にするかどうしよう・・。
でもこのスーツケース缶には、
イギリスの風景やバグパイプが描かれていて、それに負けました。

時計ウサギは、ちょうど私の持っているポットが不思議の国のアリスだし、
時計&うさぎという好きなモチーフなのもあり、
ちょっと悩んで、結局また戻って連れてきちゃいました。