京都のお茶教室 彩en香

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

ホットプレートで製茶をしよう【煎茶編】

製茶あれこれ

収穫したお茶の葉は、残念ながら、そのままではお湯を入れてもお茶にはなりません。
そこで、ホットプレートを使って、ご家庭でお茶を作ってみましょう。

お茶の葉は、摘んでからそのままにして置くと酸化して、茶色に変色してしまいます。
なので、蒸すことによりこの酸化を止めます。

摘んだ茶葉を、サランラップに包み、その日のうちに電子レンジで1分ほど蒸します。
「甘涼しい香り」がしてきたらOKです。
すぐに製茶しない場合は、これで冷蔵庫または冷凍庫で保存します。

ホットプレートに、この冷蔵していた葉をいれます。
温度を保温~150℃に調整して、お箸で軽く炒めます。
※写真は何度か繰り返したあとのものです。

しばらくしたら手で押しながら揉みます。
水分が出てきたらまた炒めて・・とひたすら1時間~1時間半ほど繰り返します。
茎は、葉より時間がかかるので、分けておくとよいですね。
最後に乾燥させてできあがります。
葉が「ポキッ」「サクッ」と折れるようになればできあがりです。
煎茶というよりは、釜炒りっぽいお茶になります。