京都のお茶教室 彩en香

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

一日限定日本茶カフェ Vol.10

町内限定で、不定期で行っているこの日本茶カフェも、
10回目となりました。

今回は、抹茶アートをやってみようというテーマをもとに開催。
ほんとは小学生のお子様のいるお母さんとか来てほしいんですけどね。
なかなか思うようにはいきません。

参加者は年配の方が多いので、やりたい人だけやるということで、
抹茶を普通に飲みたい方はそのようにし、普通に玉露や煎茶も用意しました。

抹茶アートは、抹茶だけでもいいし、スチームミルクをいれて抹茶ラテにもしてよいということで、
好きな方を選んでもらいました。
写真はその参加者のひとりの作品。
「私、絵心ないの~」といいながら、初めてにしては素晴らしすぎる出来栄え!
そして、家で娘とやってみるわといってくれたのもうれしかったです。
他の方は、うさぎ、ハート、春、ひまわり、太陽・・といろいろ挑戦されていました。

手揉み玉露のおいしさにも、みなさんびっくりされていました。
湯飲みにほんのちょっとしかいれないので、そのインパクトもあるようですね。[#IMAGE|S37#]

カフェなので、時間内に出入り自由の為、
お客さんが入ると、どうしてもお茶をいれつつ、やり方を教えつつ・・になり、
開催中の写真が撮れません^^;




(本日のお茶)昨日とだいぶかぶりますが。

◎煎茶
・茶師十段 前田文男氏のブレンド茶「春ブレンド茶」
 ★茶師十段は、日本に10人しかいません...
・桑原善助商店 宇治煎茶「露」 
 ★桑原秀樹さんは著書「抹茶の研究」「お抹茶のすべて」を出版されています。テレビにも出演されています。

◎抹茶
・一保堂 新春特別抹茶「祥慶」  
 ★今年がひつじ年なので、羊の文字が入っている縁起の良い抹茶です。濃厚で渋みが少なく飲みやすいです。
・吉田銘茶園 本簾茶園 あさひ  
 ★本簾というのは、昔ながらのよしず・藁で茶畑に覆いをして育てた茶葉です。最近は簡易に寒冷紗という黒い布みたいなのをかけて作っているところが多いです。本簾は手間がかかっている分旨味も多いです。また、あさひというのは品種の一種です。吉田さんいわく、おてんばな抹茶。

玉露
・吉田銘茶園 「手もみ玉露」 10gしかありません。
 ★機械製法ではなく、人の手で5時間ほどかけて仕上げた玉露です。
  1回に700gほどしかできない貴重な玉露

(菓子)
桜餅