京都のお茶教室 彩en香

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

天王寺茶遊散策


今日は、日本茶インストラクター大阪支部の天王寺茶遊散策」に参加してきました。

●コース
四天王寺夕陽丘→吉祥寺→大平寺→口縄坂→愛染堂→大江神社→愛染坂→清水坂清水寺→天神坂→安居神社→大阪支部

①吉祥寺 

忠臣蔵大内内蔵助の像と47人の義士の墓があります。
塀がその時の着物の柄で、赤い門が目立ちます。

②大平寺 


十三まいりの寺。そして茶筅塚もあります。
寺だけど中に鳥居! これは神仏習合のなごりだそうです。

③口縄坂

天王寺七坂のひとつ。織田作之助の小説にも書かれているそう。

④夕陽丘命名の地

その名の通り、かつては海が見え、夕日が沈む様子が美しかったそう。

⑤愛染堂

縁結びで有名。多宝塔は大阪市最古の建造物で重要文化財
聖徳太子か建立、豊臣秀吉が再建。その形がおもしろい。

桂の木とかづらの木が交わっている。桂はハートの形の葉で、縁結びとなっている。

⑥大江神社、百歳の階段



芭蕉の句碑がある。虎の狛犬で、18年前星野監督がお参りし、阪神タイガースが優勝したことから、
優勝祈願の場所になっている。メガホンが置かれている。

⑦愛染坂、清水坂、天神坂
天王寺七坂のひとつ

清水寺

京都の清水寺を模倣して作られ、1/30の大きさだそう。
実際中に入っていなくて、外から。この上のやつです。

⑨安居神社


梅の紋。真田幸村の像、戦死跡の碑がある。

⑩大阪支部
まずはほうじ茶と口縄坂の桜の時をイメージしたお菓子をいただきました。
そして、静岡・島田市の手もみの秋摘み茶。一芯一葉を使っていておいしい。
大福は、それおれほうじ茶と煎茶に生クリームが入ったもので、やわらかくておいしかった。
mochicreamのみたいでしたw