京都のお茶教室 彩en香

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

お茶農家が普段飲んでいる、荒茶玉露

今日のお茶は、吉田銘茶園さんの荒茶玉露の新茶です。
玉露はたまにしか飲まないですが、
この独特のうまみがたまに恋しくなります。

普段深蒸し茶が多いので、宇治茶をいれると、
あまりに色が薄くて、大丈夫かなーと不安になりますが、
こんなに薄くても、味はしっかり!
葉もきれいで、鮮やかな緑色をしています。

茶殻から葉を取って広げてみると、
宇治茶は結構、葉の形になっているのにもびっくりします。



ほら、こんな感じ。
これ、手摘みでも手揉みでもないんですよ。
機械で製茶しているのに、このように葉の形が
ちゃーんと残っているんです。
これを見ると、技術ってすごいなーと思いますね。