京都のお茶教室 彩en香

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

6/16 吉田山大茶会 その1

吉田山大茶会にいってきました。

雨が小降りだったのでよかった~。

あじさいも咲いていて、6月ということを感じさせてくれます。

ついてすぐ、留香茶芸さんの中国茶のお点前。

時間によって、淹れるお茶が違い、

一番最初のが10時15分からの蒙頂黄芽(四川省黄茶)で、

時間過ぎていたんだけど参加できました!

葉はこんな感じ。

この時期しか飲めない、珍しいお茶だそう。

日本茶みたいに回し注ぎはせず、一気にいれていきます。

一煎目。

緑茶に近くて、甘みがあって飲みやすい~。

二煎目。クッキーといっしょに。

淹れたあとの芽です。

かわいらしいですね。

続いて、韓国の煎茶のお点前。

韓国の煎茶、好きなんです~。

毎年ここでしか飲んでないけど・・。

この棒を鳴らして、お点前が開始されます。

茶碗を温めてから、お湯をいれて蒸らすやり方は同じです。

この待ち時間に、韓国の詩を朗読。

読み終わる頃がちょうどいい頃合いです。

子供が超かわいい・・。

韓国の礼の仕方とかなんか好きなんです。

一煎目。

日本の煎茶ほど渋みがなく、甘みのあるお茶なので、

お菓子も甘みを抑えたものになっているとか。

米粉を使った柔らかいお菓子と、海苔をまぜた固めのお菓子。

二煎目。

この方も笑顔が素敵・・w

お茶の葉。

結構大きい。

きっと飲んだやつも釜炒りなのかなぁ。