京都のお茶教室 彩en香

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

6/9新茶会

かなり遅くなったけど・・。

この日は二人静さんの家で、新茶の飲み比べ会をしました。

まずは、おもてなしで頂いた冷茶と水羊羹w

水羊羹大好き[emoji:v-238]

そして、私が持ってきたお菓子たち(このほかにもまだあります)。

京都駅地下のキューブに、匠味っていうお店があって、

そこでは、いろいろなメーカーのお菓子が、なんとバラで買えるんですw

おみやげにはもってこいです。

左上が「とおりゃんせ」、右上が「利休心」、そして手前が「流鏑馬

新茶は、新茶前線に乗っ取って、鹿児島から[emoji:v-353]

これはゆたかみどり品種の鹿児島茶で、深蒸し茶です。

濃厚だけと甘みたっぷり~。大好きなお茶です。

そして次に、静岡掛川市掛川茶。これも深蒸し茶です。

深蒸し茶が一番飲み慣れているので、やっぱ好みw

(つーか、まぁ・・ふたつとも自社製品だからですが^^;)

そして、ちょっと一休み。(というのか・・?)

一保堂さんの玉露「麟凰」 100g 3000円だとか!

ひぇ・・。

普段ここまで高いの飲むこと無いから、緊張しますねぇ・・。

ちょっとにごりがあるなーと思いました。

続いて、滋賀の朝宮茶の新茶。のみやぐら自園自製のものだそう。

冷やしておいた「貝合わせ」というお菓子。

はまぐりに葛とわらびで抹茶のあんを包んだもの。

これがもっちもちしておいしかったぁ~。

こちらは若あゆ。

夏の風物詩ですね^^ これも大好き。

他社のを食べ比べると、周りの生地も餡も違いがあります。

手前のが好みでしたw

次に、甘春堂さんの抹茶を頂き(写真忘れたっぽい)、

京都・和束の梵天という新茶をば。

これはおいしいっ。

渋みと甘みのバランスが見事。そして慈悲を思わせるような優しい味。

それから、「茶農家厳選COM」さんの、黒玄米茶。

おいしそうなよい香り・・のはずなんだけど、お湯の量が少なかったようで、

渋っ、苦っ・・^^;

うう、ごめんなさーい。

普通の米の代わりに、黒米が入っていて、

これだけ食べても香ばしかったです。

名前もおいしそうだから、リベンジしたい・・。

二人静さんが作ってくれたお夕食。

なんですかね、これはっ! 

こんな料理、家で見たこともないわー、すごい、なんておしゃれっ[emoji:v-353]

右手前のは、ゼリー状になっています。涼しげっ。

確かにワインが合いそうです。[emoji:v-272]

そして、ミートスパゲティ。

こちらもあっさりして、ぱくぱくいっちゃいました。

これだと夏の食欲落ちたときにも食べれそう。

そして、私のかねてからの念願だった・・老松さんの「夏柑糖」

これ1個で、1200円もします。

さすがに高くて手がだしずらくって。

二人で分けて食べましたが・・酸味もなく、やわらかくって、ほんとおいしい。

贅沢だわぁ・・。高いのもうなずけました。

最後に、「茶農家厳選COM」さんの「おくひかり」

これも甘い香りでとっても好みの味そう・・だったんだけど。

お湯の量が少なかったようで、渋っ、苦っ・・[emoji:v-356]

せっかくのお茶、申し訳ないです。

初めてのお茶は入れ方を見極めるのが難しいわぁ。

これは絶対リベンジします!

てなわけで・・それぞれ2杯づつ飲んでたから・・。

16杯は飲んでるな・・そして持っていったお菓子も完食!

いやはや、贅沢な一日でございました。