京都のお茶教室 彩en香

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

5/14 覆い下茶園で茶摘み体験 その3

さて、私たちもいざ茶摘み体験っ!

籠を持って、茶園へ移動です。

摘んだ葉を、これにいれていきます。

こういう籠を使うの初めてだったので、どきどきw

寒冷紗で覆いをした茶園です。

左上や、右下に色の違う堅そうな葉がわかりますでしょうか?

これが去年の葉になるので、それ以外の柔らかい、青々とした新芽だけを摘んでいきます。

柔らかいので、ポキッと簡単に折ることができます。

これが結構心地よくて・・みなさん、無言、無心になって摘んでいました。

30分ほど摘んで、3人でもたったこれだけ・・。

手で摘むのは、ほんとうに大変な作業ですね。

15名での体験だったのですが、かき集めてようやく籠一杯。

摘んだ茶はお土産に。

家で簡単に製茶する方法も教えて頂きました。

うまくいけば、100g 3000円くらいの玉露に仕上がるのですが・・。

さて、どうなることやら。

茶摘みのあと、

うま味たっぷり~の玉露と、茶団子も頂いてほっこり^^

石臼で碾茶を挽いて、抹茶を作る体験もさせて頂きました。

上に碾茶をいれて、石臼で反時計回りに回すと、下から挽かれた抹茶が出てきます。

ほんのわずかずつしか挽けないので、

通常販売されているような量を作るには、相当時間がかかります・・。

家で点てて頂きました。

石臼で挽きたての抹茶を頂く・・なんて贅沢なんでしょう^^

お土産で頂いた新茶(左)と、買ってきた新茶(右)。

荒茶玉露の新茶というのも、珍しいですね。

45gで1000円~2000円!

家に帰って早速頂きましたが、ほんとおいしかったです。

吉田銘茶園様 HP

なお、小倉駅前の「レインボー小倉BF1」にお店があります。