京都のお茶教室 彩en香

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

ホテルでディナー

そのあと、寺町丸太町にある「ホテル THE SCREEN」へ。

初めて聞くけどどこー??ってな感じでしたが、

行ってみたら、何これ~??

もうめちゃめちゃおしゃれでかわいくて・・好み。

入ってすぐには、オレンジと黒のポップなソファー。

奥に入ると、とても素敵な照明!

なんと京都の有名な傘職人が手がけたもので、

各フロアのイメージカラーなのだとか。

そして、こてこてですが、

夜桜の絵とその手前に、茶釜と抹茶セット。

ロビーにですよ??

いやぁ、おもしろい。

日本茶インストラクターのプリンさんと待ち合わせをしている間、

スタッフの方もフレンドリーに話しかけてくれて、

いろんな説明をしてくれて、ますます泊まってみたくなりました。

一泊一部屋2,3万もしますが・・[emoji:v-356]

一人代金ではなくて、人数(最大3人)での値段だそうです。

8割がた外国の方が多いんですって。

確かに外国人の人には受けるだろうなぁ~。

1Fから地下に直接続く入り口には、白いパラソルがあって、

白い階段で、なんかかわいらしいレストランなのかと思ったら、

実際中に入ったら、えらい重厚感。

でもお手洗いは、中に入れば、ポップなピンク色で、かわいい。

このギャップ・・いいですね~。

もうなんでもありな感じがいい。

料理は、フルーツとのコラボがまた楽しい。

最初に出てきたうさぎの胸肉には・・ちょっとどうしようかと思ったけど[m:78]

うさぎは好きなだけに、躊躇しますねぇ・・。

子供の頃のことを思い出してしまいました。

羊の肉が出てきて、「おいしい~」と言っている自分が、

あまりに残酷に思えて・・その後大人になるまで食べなかったんです。

その頃の気持ちがよみがえったんだけど、

ここで食べなかったら、捨てられるだけで、

それこそ、無駄死にになってしまうので、かわいそうですし、食べましたよ。

私たちは、いろんな命を頂いて生きているのですから、命は大切に頂かなければ。

ユニークだったのは、

かぼちゃの冷スープにオレンジシャーベットが入っているもの。

意外にこれがさっぱりして合う!

そして、スズキと桜海老ホタテ湯葉で包み、ホワイトソースに白ワインを入れたものがかかっている料理。

焼いた白アスパラガスが添えられていて、これがまた食感がよい!

ソースもほんとおいしくて、しあわせ~っ[emoji:v-344]

次にメインの豚肉。表面をかりっと焼いていて、余分な脂を落としているので、あっさり。

カシス(だったかな)のソースがまた合います。

デザートは2種類出てきて、

まずは食用薔薇を使ったシャーベット。

薔薇の花びらは砂糖漬けにしてあるの~っ!

やばい、やばすぎです。

ふわっとしたシャーベットの下に、薔薇のアイスがあって、

二層においしい。

贅沢だぁ・・。

そしてもうひとつは、ラム酒メレンゲに香ばしいナッツとクコ、レーズンが乗っていて、周りがキュウイソース。

ラム酒とナッツ・・やばい。もう大好き。

飾り付けにチュイルもよいですね~。

ほんと今まで食べたことのない組み合わせの料理で、

発想がおもしろいし、おいしいし、見た目も食感も楽しませてくれるコースでした!

ちなみにこれ、食後の飲み物もついて、2750円。(割引して)

ありえなーいっ!!

プリンさん、二人静さん、素敵なお誘いありがとうっ[emoji:v-353]

お茶談義も楽しかったです[emoji:v-290]

今日は一日、ほんとお茶尽くしで、堪能しちゃいましたw

おなかいっぱ~いっ。