京都のお茶教室 彩en香

京都のお茶教室 彩en香

日本茶インストラクター&フードコーディネーターとして「食生活でこころとからだを元気にしたい」という思いから始めました。京都でお茶を習ってみませんか? <ただいま準備中>

フライパンで製茶しよう!4 【釜炒り風京番茶編】

f:id:saienka:20170523211721j:plain

宇治の覆い下茶園で、品種さみどりを枝ごといただいたので、

これの大きな葉だけを釜炒り風京番茶にしました。

京番茶は、覆い下茶園で作った茶葉の古葉(新芽は玉露や抹茶になる)を炒って作ったものです。

なので、この茶葉は、まさに京番茶の原料なのです。

f:id:saienka:20170523211822j:plain

京番茶は、スモーキーフレーバーが特徴なので、

なんとかその香りを出そうと、

蓋をして煙を閉じ込めて、15分ほど炒りました。

(時々火を止めたり、蓋をあけて混ぜたりはしています)

f:id:saienka:20170523212312j:plain

生葉15gが3gになりました。

いい香りです~。

見事にスモーキーフレーバーになりました。

 

まだ飲んでいないので、飲み終わったら追記します。

フライパンで製茶しよう 【紅茶編②】

持ち帰った茶葉は、今年も紅茶にします。

作り方はこちらをどうぞ。

saienka.hatenablog.com


抹茶品種さえみどりで作る紅茶・・贅沢やわぁ。

普通紅茶は遮光しませんからね。

f:id:saienka:20170523220301j:plain

持ち帰った生葉74gを17時頃から、

一晩風通しのよいところに置いて萎凋させます。

次の日の13時頃から揉みこみ、葉と茎に分けてさらに発酵させます。

前回は茎はそのままにしていたのですが、今回は先に細かく切っておきました。
14時半の時点で計ったら、46gでした。
 

夜21時頃からフライパンで炒りました。

今回は炒りすぎないようにかなり慎重に・・。

細かいのは早いので、先にこしきで振り分けてよけておきました。

大きいのもいい感じになったものから順によけていきました。

火を時々止めたりもしていたので、20分くらいかかりました。

f:id:saienka:20170523220917j:plain


 茶葉の見た目は、家にあるキャンディみたいな感じになりました。
丁寧に炒ったおかげで華やかなよい香りに♫
最終15gになりました。約20%!

 

早速飲んでみると…まるでダージリン!(言い過ぎ?)
はちみつのような甘みと抜けるような爽やかさ、

少しりんごのようなフルーティーさもあって、大成功!

普茶料理 in萬福寺

工場見学のあとは、行きたいメンバーだけで、

萬福寺普茶料理を食べに行きました。

ずっと行きたかったんですが、なかなかのお値段なのと、もともと4人からしか予約できなかったので(今は3人から可)、行きそびれていたんですよね。

まぁ、お茶好きなら一度は行きたいだろうなーということで募集して決行~

 

f:id:saienka:20170523222809j:plain

 

f:id:saienka:20170523223828j:plain

中国風の精進料理で、動物性の食材は使いません。

かまぼこやそぼろやチーズに見立てたものなどあり、

「これ何~?」とみんなで考えながらワイワイ。

チーズみたいなやつは、もはやチーズにしか思えないし、

そぼろもそぼろーって思って食べてしまいました。面白いっ。
ふきの苦手な私ですが、これはまったく癖がなく、パクパク食べられたのにもびっくり。


胡麻豆腐は、本当にやさしい胡麻の香りがありおいしかった。
しょうがの天ぷらにもびっくりだけど、りんごの天ぷらにはさらにびっくり。アップルパイみたいな感じ?


あんこの天ぷらは、チーマーチューとかあるから違和感はなく、周りはもち米っぽい感じがしました。
おすましと思って飲んだら、葛が入っていてびっくり。しかも梅干しの天ぷら入り!
ご飯やスイーツもどれもおいしかったです。
全部完食!ごちそうさまでした。

お茶を贅沢に楽しむ!〜宇治の茶農家で、茶摘み体験、工場見学&萬福寺で普茶料理〜 レポート

お茶尽くしツアー開催しました。

「お茶を贅沢に楽しむ!

〜宇治の茶農家で、茶摘み体験、工場見学&萬福寺普茶料理〜」

 

saienka.hatenablog.com

 

 

f:id:saienka:20170523212834j:plain

玉露の碑、巨椋神社のあと、吉田銘茶園さんへ茶摘み、工場見学へ。

まずは、今年4月に日本遺産に認定された茶園へ(写真奥の本簾茶園)。

手前の茶園は、植え替えをしたばかりで、お茶として摘めるのは5年後・・。


みなさん、「本当に入っていいのー?」とドギマギしながら?足を踏み入れました。

f:id:saienka:20170523213152j:plain
それからお茶について学んだあと、工場見学。

蒸しあがったばかりのお茶の葉は、とってもいい香りがします。

f:id:saienka:20170523213802j:plain


こちらは製茶機械もありながら、今も昔ながらの手もみ製法を受け継がれていて、工場内にほいろがあります。

 

f:id:saienka:20170523214444j:plain

それからお待ちかねの茶摘み。みなさん無心になっていきますね(笑)
摘んだ茶葉は、持ち帰ってそれぞれお家で製茶するという宿題に♫

 

f:id:saienka:20170523215021j:plain

このあと、美味しい新茶を頂きながら、安倍首相の名前入りの日本遺産認定された証明書や、伊勢志摩サミットで出された、こちらのお茶の葉を使ったロイヤルブルーティーや、茶の木人形など見せていただきました。

 

 

楽しんでいただけたようでなによりです。
吉田さんご一家様、従業員の皆様、新茶時期でお忙しい中、手を止めて説明してくださったりありがとうございました。
大変お世話になりました。

陶芸体験してきました

f:id:saienka:20170519222646j:plain

清水寺の近くにある朝日堂さん。

私のお気に入りの抹茶茶碗を購入したところなのですが・・ここで陶芸体験をさせていただきました。

手ひねりとろくろの体験で、ひとつずつ食器を作りました。

f:id:saienka:20170519222821j:plain

f:id:saienka:20170519222837j:plain

まずは手ひねりで。

六角形の小鉢を作りたかったんだけど・・。

なんかやたら大きくなった^^; 

ま、お菓子入れにするのもいいかなー。

f:id:saienka:20170519223127j:plain

ろくろは、形を作るのがなかなか難しかった!

でもおもしろいです。ふちをなめらかにするのに、なめし皮で整えるのですが、これは先生の見本を見て一回でできちゃった♪

 

抹茶茶碗と、抹茶茶碗に注ぎ口をつけてみました。実際お願いしたのは注ぎ口のある方にしました。

プラス千円で追加で焼いてもらうこともできます。

そして、釉薬はいくつかあるうちの中から好みのを選びます。名前もいれてくれるんですって。

 

焼きあがって届くのは、約1か月後。

楽しみです。

はろうきてぃ茶寮

f:id:saienka:20170519221336j:plain

東山に去年出来たはろうきてぃ茶寮。

ずっと気になりながら行けずにいて、ようやく行ってきました。

f:id:saienka:20170519221452j:plain

この抹茶に浮いたキティちゃんが気になって・・w

お干菓子がリボンなのも、かわいいですね~♪

 

味は・・うーん。

抹茶は苦い、キティちゃんのマシュマロが甘いのだけど、

それを足しても苦かった・・。あまりいい抹茶ではないな。

お干菓子もたいしたものではなかった。

味わうというよりは、楽しむのによいかもですね。

 

コースターはもらえる、ということでしたが・・。

ごめんなさい、置いてきちゃいました^^;

f:id:saienka:20170519221851j:plain

キティちゃんも座っていて、なかなかのショット。

 

f:id:saienka:20170519221916j:plain

ちょっとしたお庭もあります。

f:id:saienka:20170519221951j:plain

正面にはキティちゃんの石碑が!

f:id:saienka:20170519222013j:plain

奥には茶室もあります。

f:id:saienka:20170519222105j:plain

茶道具までゴールド。

まるで秀吉の金の茶室みたいですね。

 

平安神宮 宇治新茶の接茶

f:id:saienka:20170504201541j:plain

今年も、平安神宮の宇治新茶の接茶のお手伝いに行ってきました。

早朝の平安神宮は広々としていて気持ちがよいです。

この通りも広くなってから、平安時代平安京朱雀大路を見ているような気分になり、とてもわくわくします。

f:id:saienka:20170504202239j:plain

f:id:saienka:20170504202322j:plain

平安神宮から鳥居を見るとこんな感じ。

f:id:saienka:20170504202414j:plain

f:id:saienka:20170504202517j:plain

こんなにいいお天気だと、神苑もとてもよさげですよね。

入りたい気分にかられながらも、

入っていたら時間に間に合わなくなるので断念・・。

f:id:saienka:20170504202627j:plain

今年はいつにもまして大盛況。

ほとんどずっと満席の状態が続いていました。

 

今年の新茶は、例年よりやや遅れ気味。

さやまかおりという品種で、やぶきたより少し早い早生品種です。

青々とした爽やかな香りですが、旨味がそこまで乗っていなくて、

ちょっと渋みが残るような感じの風味でした。

なので、茶葉を少なくして、温度を低めに、抽出時間も短くして、

できるだけ渋みを抑えて淹れるかが難しかったですね。

「美味しい」「甘い」と言ってもらえたのがうれしかったです。

f:id:saienka:20170504202958j:plain

インストラクター仲間が、お茶を淹れているところを撮ってくれました。

f:id:saienka:20170504203043j:plain

スタッフのお弁当~。

美味しくいただきましたw